すべてにおいて、短期、中期、長期の計画(プラン)を立てる

仕事にはプランニング課必要です。その規模が大きい小さいにかかわらず、まずはプランを立てることが先決となります。
 プランニングは、三段階に分けて考えるのがいいでしょう。それは、短期~中期~長期と段階を経て考えていくのです。
・短期プラン…目の前の目標、今すぐにすべきこと、今やらな悔いはならないこと。これをどうこなしていくのかを考える。
・中期プラン…目先のことをこなしたら、それがどのような展開になっていくのか、あるいはどのようにしていきたいのか、それを自分の中でイメージしておく。
・長期プラン…将来的なことを含めて考えておく。つまり、今の取り組みが次にどのようなことをもたらすことができるのか、またそのためにはどうしていくのかということを考えておく。ビジョンといってもいいもの。
 この三段階のプランニングをしっかりとしていくことが、仕事の効率を良くしていくことになっていきます。
 また、計画は必ずしもその通りにしなくてはならないという拘束ではありません。展開によっては、修正プランがあるのも当然です。
 むしろ、軌道修正を含めて出来るかどうか、それが中期、長期の計画の立て方といってもいいものです。
 計画を立てて実行しながら、中期、長期の中で確認しながら、また次の計画を立てて進めていくことこそ、もっとも仕事を効率的に進めていくやり方なのです。
ジェルネイルキット