本当に信頼出来る人と出来ない人

人間は生きていれば多くの人と出会います。

幼稚園からはじまりそれは一生続きます。
人は生涯出会いと別れを繰り返します。

自分にとって良い人との出会いもあれば、
自分にとって悪い人との出会いもあります。

そんな中で本当に信頼出来る人とはどういう人でしょうか。

これは私なりの価値観のお話なので共感出来ない人もいるかもしれませんが、本当に信頼出来る人間とはいつも変わらない態度で接してくれる人だと思っています。

お金があると寄ってくる人。
肩書きで寄ってくる人。
調子の良いときだけ寄ってくる人。

そういう人は私は信用出来ません。
そういう人はお金が無くなり、肩書きを失い、調子が悪くなればきっと興味を無くし離れていってしまうでしょう。

そうなっても変わらずに接してくれる人、
そういう人が本当に信頼出来る人だと思っています。

これは男性でも女性でも性別関係なく言えることだと思います。

仕事をする相手でも言えることで、
結婚をする相手でも言えることだと思います。

そういう人と一人でも多く出会うことが出来れば、
きっと良い人生になると信じています。

お金持ちの法則とはちょっと違うのかもしれませんね。
これは個人的な幸せになる為の法則です。

お金持ちになっても幸せと思えなければ意味がないと私は思います。
幸せの価値観というのは人によって違うと思いますが私はそう思います。

自分が死ぬ時に、
笑う100人よりも泣いてくれる100人いた方が幸せな人生だったと言えるのではないでしょうか。

お金持ちには人が寄ってきます。
しかしそれは本当に信頼出来る人間なのでしょうか。

きっとそうではないと思います。
お金が無くなれば離れていく人がほとんどなのではないでしょうか。

本当の意味でのお金持ちになる法則とは
人との繋がりにもあると私は思います。